ライフハック

ワーク・ライフ・バランスを大切にする女性の働き方のコツ

ワーク・ライフ・バランスを大切にできる働き方を知りたい

 

「家族との時間を大切にしたいけど、仕事も続けたい。」

「子育てや介護をしながらでもできる働き方を知りたい」

 

こういった悩みを持っている方にお答えします。

 

この記事を書いている私は、

 

  • 現在、小学生の育児をしながら、本業と副業を続けています。
  • 過去には、フルタイムで働きながら、未就学児の育児と、親の在宅介護を同時進行していました。詳しいプロフィールはこちら

様々なライフイベントのある中、女性が仕事を続けていくには、自分で考えたり決めたりしなければならない場面に直面します。

そんなワークライフバランスを大切にする女性の働き方について、具体的に解説していきます。

※3分くらいで簡単に読むことで、働き方のコツがわかります。

スポンサーリンク

1 家族は大切だけど仕事は辞めたくない女性の働き方

まずは、家族も仕事も大切にできる働き方を考えてみましょう。今の自分のライフスタイル合った働き方が必ずあります。

最近では、「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を目にしたり、聞いたりすることも増えてきましたね。

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人生の時期に合わせて、多様な生き方を選択・実現できるようにするには、何も行動しないで待っているだけでは、実現するのは難しいのではないでしょうか。

 

「今の自分のライフスタイル」に合った働き方を考えるのが必要な理由。

それは、今の働き方は自分が無理をしているからです。

自分が無理をしてでも、家族も仕事も大切にしたいという『想い』だけで続けていると、今の悩みはこれから先も解決するのは難しくなってしまいますよね。

 

悩んでいるだけでは何も変わらなかった話

プロフィールにもありますが、過去の私は毎日悩みながらも、現状を変えようとしていなかったのです。

そして結果的には、仕事も家庭の状況も今までと変わらないまま、毎日イライラしていて過ごしていました。

自分の環境や生活は変わったのに、仕事や働き方はそのままでは、うまくいかなくて当然です。

職場の中で勤務条件や仕事内容を相談したり、自分の今の生活に合ったところに転職するという選択肢もあったんですよね。

選択肢が増えるだけでも、悩みが軽くなるなんてこともありますね。

 

自分のキャリアを捨てたくない

以前のように「女性は結婚したら家庭に入る」と言われることが少なくなってきて、女性が働くことが当たり前になってきました。

自分が続けてきた仕事や、積み上げてきたキャリアを捨てたくない、という思いは当然です。

そして、続けることだけがキャリアではないというのも事実です。たとえ今の仕事を辞めても、今まで身につけた知識や経験を生かせる場は、必ずあります。

仕事だけではなく、子育て・家事・介護など、生活の場面でも生きていることが、すでにあるかもしれませんね。

まずは、今の自分のライフスタイルに合った働き方を考えて、選んでいきましょう。

関連
やめる勇気でもう迷わない!【日本人はやめる練習がたりてない】

悩む女性今の仕事が嫌でやめたいけど、やめられない。。 違うこともやってみたいけど、やめる勇気もないし。。 でも、このままでいいのかな。。 こんにちは。わいわいライフです。 実は、ワーママ生活の辛さに耐 ...

続きを見る

 

2 育児や介護をしている女性に合った働き方

女性のライフイベントで大きな変化に、結婚や出産があります。最近では、30代での結婚も珍しくなくなってきましたね。

女性の働き方が多様化していて、周りでも結婚、出産後も働いている女性が増えているのではないでしょうか。

その一方で、女性が働きやすいと感じる職場が少ないことも事実です。育児や介護により、退職をしなければならなくなっている方も多くいます。

しかし、ここであきらめてしまっていいのでしょうか。

 

育児や介護をしていても働き方は選べます

ここで言う「働き方」は、正社員でフルタイム働くということに限定していないのです。拘束時間の比較的少ない、フリーランスという働き方をしている方も多くいます。

まずは、どんな働き方があるのか、または自分と同じような環境にいながら仕事をしている人の働き方など、聞いてみるのもいいですね。

  • 会社で認められているなら時短勤務や介護休暇制度を使ってみる。
  • 転職サイトを使って、自分に合った仕事を探してみる
  • フリーランスで働く

仕事できる時間が限られている分、効率的に仕事をしている女性も多く見られますね。

今の時代に合わせた働き方を選ぶ

平日9時から5時は会社で働く、というのは古い常識になりつつあるようです。

最近では、テレワークという働き方のできる会社も増えていますまた、ネットビジネスやクラウドソーシングなど、在宅ワークをしている方も多くみられます。

私のように本業や副業でブログをやっている人も増えてきていますね。

育児や介護をしながら、自分が経験したことや、他の人に役立つ知識をブログやYouTubeで発信することも一つの働き方です。

もちろん、今までとは違う働き方をするのは、最初は大変です。

今の時代は働き方に自分を合わせるのではなく、自分のライフスタイルに合わせて働き方を選べるので、自分の選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。

 

自分だけの都合で働けない

子育てや介護は、自分の自由になる時間をとることが難しいですよね。

自分の都合で働くと、家族に迷惑がかかってしまうという心配もあるでしょう。

ですが今は同じように子育てや介護をしている女性でも、自分のワーク・ライフ・バランスに合った働き方をしている方も多いです。

周りに経験者がいれば聞いてみる、インターネットで調べるなど、解決策はたくさんあります。
あきらめなければ働き方は選べますね。

関連
ワーママ辛い!「もう限界」で泣きたいワーママから抜け出せる

悩む女性ワーママを続けるのがつらい! 仕事、育児にずっと追われて息つく暇もない!! もう限界!辛くて泣きたくなるんです・・ 毎日過酷なワーママ生活が辛くて、悩んでいませんか? 実は、この記事で紹介する ...

続きを見る

 

3 働き方を通して、自分の未来をイメージする

ここまで読んで、「女性の働き方はワーク・ライフ・バランスを大切にしながら選べる」とわかった方も多いのではないでしょうか。

 

今の悩みが解決した先のことを考えてみる

今のようにワーク・ライフ・バランスを考えて働き方に悩む状態は、この先何十年も続かないでしょう。悩みが解決した後の、自分の理想の将来から、今の自分がやることを考えてみましょう。

ライフプランのシュミレーションをしてみる

ライフプランは、よく保険や金融関係でお金のシュミレーションに使われているものです。

お金のことも大切ですが、これから先のライフイベントや自分や家族の年齢から自分がどうなっていたいかを考えやすくなります。

無料で使えるテンプレートも出ているようです。

なかなか時間がとれなければ、3年後、5年後、10年後の大まかなイメージを考えるだけでも、効果があります。

人生には想定外のハプニングが起こる事も想定して、あくまで今の時点での理想の未来を書いてみることをお勧めします。

今の悩みにとらわれてしまう時は、今の悩みが解決した、少し先のことを考えてみると、新しい発見があるかもしれませんね。

 

まとめ

ワーク・ライフ・バランスを大切にする女性の働き方は実現できます。

この記事のポイントまとめます

ポイント

  • 「今の自分のライフスタイル」に合った働き方を考える
  • 今の仕事を辞めてもキャリアは生かせる
  • 正社員フルタイム以外の女性の働き方を考える
  • 時代に合わせて働き方の選択肢を広げる

最後に、仕事、育児、介護を一人で100%完璧にやるのは、どんなに完璧な人でも難しいものです。

多くの女性が、自分なりのワーク・ライフ・バランスを大切にした働き方ができるようになることを願っています。

今回は以上です。

私自身も女性として、これからも家族、仕事を大切にしたを働き方を続けていきます。

-ライフハック
-, ,

Copyright© Be yourself , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.