ライフハック

時間の使い方で人生が変わる。今からでも遅くない!!

tokei-zikan

女性
時間の使い方が上手くなりたい。
新しいことを勉強したり、本を読んだりしたいけど、時間がないからできない。
私には無理なのかな。

そんな悩みにお答えします。

これを書いている私は、

やっちー
副業ママブロガーとして、
ブログ更新・ラジオトークで毎日の音声配信・Twitterで毎日ツイート・本を月10冊読む
という生活を送っています。

今回は、「副業ママブロガーが1日3時間の時間を作るため」に実際にやったこと、使っているものなどを含めて解説していきます。

この記事を読むことで、時間の使い方を変えて、やりたいことをあきらめずに、思い通りの人生が送れるようになります。

何のために時間を使いたいのか

新しいことを勉強したい、本を読みたい、アウトプットしたい等。

時間の使い方を変えるためには、まずは「自分が何のために時間を使いたいのか」「何をするための時間を作りたいのか」を考えてみましょう。

自分の軸を作ろう

新しいことを始めたり、今までの生活習慣を変える事は、難しく感じるかもしれません。

またそれを続けていく事は、思ったよりも大変でやめたくなることもあるでしょう。

そんな時に「自分が何のために時間の使い方を変えようと思ったのか」を明確にしておくことで、迷ったときに戻ることができる自分の軸ができます。

 

時間の使い方を変える方法

今までの自分の時間の使い方を知る

自分の1日のスケジュール、1週間のスケジュールが、どのように過ごしているか知っていますか?

何にどのくらい時間を使っているのか」意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

そんなときにはまずは、手帳に書いたり、スケジュールのアプリを使ったりして、自分の時間の目で見れるようにして使い道を知りましょう。

tetyou-zikann

アナログが好きな私は、お気に入りの手帳で毎日予定を書いています。

このジブン手帳は、カレンダー以外の機能も多くて、もう何年も愛用しています。

やることの優先順位をつける

今の時間の使い方の中で、自分のやることの優先順位をつけていきましょう。

私たちは日々の生活の中で、緊急で重要なものを優先的にやっています。

新しいことをやろうとした時、緊急ではないけど重要なものは、後回しになってしまいがちです。
それを後回しにしないために、優先順位を高くして、1日30分でも1時間でも時間を取るようにしましょう。

つまり、時間の先取りをすることで、その時間を必ず取るようにするのです。

1つのことに集中する

時間の使い方の中でマルチタスクは、一見効率がいいように見えて、実は集中力が分散されてしまいます。

何かをやろうとしたときには、1つのことに集中すると効率が高くなりますよ。

限られた時間を効率的に使うためには、やることを1つ決めて、時間を決めてやるのが効率的です。

具体的には、

1つの事に集中する

  • 何分でやると決めて、タイマーをつける
  • スマホは見ないようにして、通知をオフにしておく
  • 違うことを思い出したら、とりあえずメモしておく

ちょっとした工夫をすることで、集中する時間を作ることができるようになるでしょう。

私も集中力がアップできるように、何度もこの本を読んでいました。
周りで、成功しているほとんどの方が読んでいたようです。集中力って大事なんですね。

集中力を高める方法を実践する【自分を操る超集中力】

 

「すきま時間」の使い方で時間を増やす

zikan-memo

ここが大切なところです。

自分の1日のスケジュールの中で、何もやっていない時間や、動作を切り替える時に「すきま時間」が生まれます。

この「すきま時間」の使い方がうまくできるかどうかで、時間の使い方が変わると言えるほど、大切なことです。

夜のテレビの時間は、夜活や朝活に変える

仕事から帰ってくると、ついテレビをダラダラと見てしまう。
そんなこと、ありませんか?
私も以前はそうでした。

その時間を、自分のやりたいことに使ってみると、思ったよりたくさんの時間が使えるようになるのです。

何もしない時間を作らないようにするためには、「この時間で何ができるかな?」と考えてみることを習慣にするのもお勧めです。

 

通勤時間やルーティーンな家事には耳読書

通勤、買い物の行き帰り、家事の時間には、便利なワイヤレスイヤホン使うと、耳読書で本を聞いたり、自分の欲しい情報を聞くことができます。

家に家族がいる時は、ワイヤレスイヤホンを片耳だけを使用すると、会話もできておススメです。

耳読書できる便利なサービス

使ってみると、本を読むという概念が変わって、読みたかった本が読めるようになるかもしれませんね。

アウトプットには音声入力を使う

メールを打つ、アイデアをメモする、ブログを書くなど、スマホやパソコンで打つよりも、音声入力を使うと時間も労力も短縮できます。

音声入力アプリもたくさんありますが、EVERNOTE、Googleドキュメントやスマホのメモアプリ等は、比較的誤変換も少なく使えます。

いくつか試してみると、自分に合ったものが、見つかるのではないでしょうか。

 

実際に時間の使い方を変えて、手に入れられた時間

今までテレビを見ていた時間、音楽聞きながらの時間。
時間の使い方を変えてみると、

朝の身支度、朝食準備や片付け、洗濯➡
Voicyの配信、耳読書(60分

通勤(車)➡
耳読書、ブログを音声入力(60分

夕食準備、片付け➡
耳読書、YouTubeでインプット(60分

 

テレビを見たり、音楽を聴いていた時間を、インプットやアウトプットの時間に変えてみたら、なんと1日3時間使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回は「時間の使い方で人生が変わる。今からでも遅くない!!」についてお伝えしてきました。

まずは1日に1つでも、いつもと違う事や、新しいことを始めてみてはいかがでしょうか。

1日10分でも1週間で70分の違いが生まれますよ

今回の記事のポイント

ポイント

  • やることの優先順位をつける
  • 1つのことに集中する
  • 通勤時間やルーティーンな家事には耳読書
  • アウトプットには音声入力を使う

上手な時間の使い方で、やりたいことをあきらめずに、思い通りの人生が送れるようになることを願っています。

今回は以上です。
今後もライフハックに役立つ記事を更新していきます。

-ライフハック

Copyright© Be yourself , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.