ライフハック

効果的なコミュニケーションを取るために知っておきたいこと

女性
コミュニケーションがうまくとれなくて、 自分に自信がない。
どうしたら効果的にコミュニケーションが取れるのかが知りたい

こんな悩みにお答えします。

やっちー
この記事を書いている私は、介護福祉での相談歴20年。 延べ5000人以上の相談を受けてきました。
人生を大きく変える実践的心理学と言われている、全米NLP協会認定マスタープラクティショナー。

NLPという心理学を学んでから、コミュニケーションに関する相談を受けたり、コミュニケーション研修の講師をすることが多くなっています。

ほとんどの人は、コミュニケーションを効果的に取る方法を知らないのではないでしょうか。

今回は、簡単にコミュニケーションを効果的にできるコツや方法を解説していきます。

また、この記事を読むことで、人間関係で悩むことが少なくなったり、自分に自信が持てるようになります。

スポンサーリンク

コミュニケーションを効果的に使うコツ

コミュニケーションは大切だと言われますが、学校教育の中の授業では習っていない方がほとんどだと思います。

ですが、大人になって就職する際には、コミュニケーションが最も重視されると言われています。

では一体私たちは、どのようにコミュニケーションを効果的にとればよいのでしょうか。

 

言葉以外のコミュニケーションを上手に利用する

普段、コミュニケーションについて、深く考える事は少ないと思います。

そんな方も今日は少しコミュニケーションについて考えてみましょう。

コミュニケーションには大きく分けて2種類あります。

「言語コミュニケーション」「非言語コミュニケーション」の2つです。

 

有名な「メラビアンの法則」では、人が受け取る情報の割合を次のように言っています。

  • 言語7%
  • 聴覚38%
  • 視覚 55%

つまり非言語でのコミュニケーションは93%となり、言語の7%を大きく上回っています。

非言語コミュニケーションとは?

普段の生活の中でこのような事はありませんか?

悩むワーママ
怒ってないよ!!

言葉では「怒ってないよ」と言っていても、私たちは視覚や聴覚の情報から「怒っているんじゃないか」という情報を受け取っています。

ここで言う視覚や聴覚の情報というのは、

  • 視覚:見た目、表情、ジェスチャー、姿勢、視線など
  • 聴覚:声の大きさ、スピード、話し方など

私たちは日頃、無意識のうちに言葉以外の情報を受け取っています。

普段意識していないような上記のことも、「相手にどんな印象与えているのか」改めて考えてみることで、自分のコミュニケーションが効果的なものになっていきますね。

コミュニケーションは、仕事・家庭・子育てなどあらゆる場で必要なものです。

日頃の生活の中で、「この人コミニケーションがうまいなぁ」と思う人の話し方や聞き方を観
察してみると、言葉以外にも

  • 表情が親しみやすい
  • ジェスチャーで伝わりやすい
  • 話すスピードや言葉がわかりやすい

といった効果的なコミュニケーションをとっていることがわかるでしょう。

私自身は、心理学でコミュニケーションについて学んだことで、それまで悩み続けていた人間関係や家族関係の悩みがほとんどなくなりました。

具体的な方法について、次の項目でお伝えしていきますね。

 

コミュニケーション効果の高い人が使っている方法

では、効果的にコミュニケーションをとっている方は、どのような方法で話したり、聞いたりしているのでしょうか。

相手を理解する

人は、「相手から認めてもらいたい」「必要とされたい」という欲求を持っています。

コミュニケーションをとっているときに、自分の話に興味を持ってもらえたり、理解してもらえると信頼関係が生まれるんです。

効果的にコミュニケーションをとっている人は、この信頼関係の作る能力が高いと言えるでしょう。

こんなことありませんか?

会話①

女性
この前、旅行に行ってきたんだ
ふーん、そうなんだ
やっちー

会話②

女性
この前、旅行に行ってきたんだ
へー、旅行に行ったんだ!
どうだった?
やっちー

 

この2つの会話は、何が違うのでしょうか?

大きな違いは、相手の話を受け止めて、相手の話に関心を持っている事ですね。

よく使われているテクニックでは、コミュニケーションを取るときに効果的なうなずきをしたり、先程の例のように相手の使った言葉を繰り返したりします。

こうすることで相手は、「自分の話を聞いてもらえた」と受け入れてもらった安心感が生まれます。

さらに効果的にするなら、相手の非言語のメッセージを読み取る、と言うのも効果的です。

相手の話すペースに合わせてみたり、動作や仕草を合わせると言うのも親近感が沸くので、相手によっては効果的です。

ここで気をつけるのは、あくまで自然にやることです。
あまりに意識的にやっていると、相手は自分の真似していることに気づいてしまうでしょう。

 

自分の話ばかりしない

コミュニケーションを効果的にとる時に気をつけたいのは、相手が話している時は相手の話を聞いて、自分の話ばかりしないことです。

当たり前のように聞こえますが、人とコミュニケーションをとる時に、ほとんどの人は相手の話が終わる前に、自分の話を始めてしまうことが多いものです。

効果的なコミニケーションを取る人は、圧倒的に話し上手よりも聞き上手であることが多いのです。

「上手に話さなければ」ということに意識が向いてしまうあまりに、相手の話を聞いていない、となるとコミュニケーション効果は得られなくなります。

相手が話している時は、相手の話に関心を持ってひたすら聞いてみましょう。

 

結論:コミュニケーションを効果的に使うコツを知ろう

相手の話に関心を持つ聞き上手を目指そう

今回の記事のポイントをまとめます。

ポイント

効果的なコミニケーションを取るためには、

  1. 言葉以外のコミニケーションを上手に利用する
  2. 相手を理解する
  3. 自分の話ばかりしない

今回話した事は、本当に基本的な話ばかりです。

自分が意識していない日頃のコミュニケーションを振り返ってみることで、「どうしたらうまくコミニケーションが効果的に取れるのか」気づくきっかけになるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方が、少しでも人間関係の悩みがなくなって、自分に自信が持てるようになると、さらに豊かな人生を手に入れられますね

今回は以上です

-ライフハック

Copyright© Be yourself , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.